MENU
TEL LINE

剣道のケガ

このようなお悩みはありませんか

・各関節や靭帯に痛みがある
・剣道を行う際に痛みで踏ん張れない
・どこの整骨院で治療を受ければ良いのか分からない

 

剣道に多いケガ

剣道で発生するケガのほとんどは、「踏み込み」の際に発生するケガになります。踏み込みの際に、足を捻挫してしまったり、そのまま骨折を負ってしまう事もあります。また、剣道をやられた方はわかると思いますが、効果的な踏み込みを成功させるためには、逆足の蹴りが必要となります。その為、踏み込む足の逆足にも負担がかかってしまい、アキレス腱を負傷してしまう事も多々あるでしょう。別府市・別府大学駅・亀川駅の長谷川鍼灸整骨院では、そのような症状に対して、効果的に治療を行っていくことが可能です。

剣道のケガに対する治療法

剣道のケガは身体を間違った使い方をしてしまったことが原因で発生することがあります。その為、別府市・別府大学駅・亀川駅の長谷川鍼灸整骨院では、身体を正しく使えるような治療を行っていきます。もちろん、骨折や捻挫の場合は、しっかりと固定を行い、早期回復を目指していきます。