MENU
TEL LINE

オスグット

成長期の子供に多く見られるオスグットを快適に治療しましょう。オスグットの事は、別府市・別府大学駅・亀川駅の長谷川鍼灸整骨院にご相談ください。

オスグットは、正式名称を「オスグット・シュラッター病」と言い、スポーツで活躍している子供が抱える症状の代表なのです。大抵小学校3年生から、中学生の間にオスグットになることが多いのですが、膝の下にある骨が出てしまうので膝を曲げる時に痛みを伴います。さらに、成長期の子供は、スポーツにおいて膝を使いすぎてしまう事もありますから、こうした行動もオスグットに結びつきやすくなるのです。別府市・別府大学駅・亀川駅の長谷川鍼灸整骨院は、それぞれのオスグットに合わせてどこに負担がかかっているのかを明確にして丁寧な治療をしています。

スポーツは、それぞれで身体にかかる負担も変わります。子供の体格や身体の線も違いますから、一人一人に合わせたオーダーメイドの治療でなければオスグットは良い方向に向かいません。痛みが出ている部分を徹底的に見極めながら丁寧な治療をしていく事が大事です。別府市・別府大学駅・亀川駅の長谷川鍼灸整骨院の治療は、痛みの根本的な治療です。当院は、リラックスの出来る空間でお子様でも安心して施術に専念することが出来ます。オスグットを解消して、スポーツを楽しむことが出来るように全力を尽くしていますので、オスグットの悩みは是非当院にお寄せください。当院は土曜日も午後3時まで受付をしています。お電話でのご相談でも構いませんので、まずはお気軽にお問合せください。